スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

ストイックになりましょう。

2010-04-02 (Fri) 11:29[ 編集 ]
ストイックになるというのは淡々と目標達成のために

コツコツとやることです。

この淡々としたことってできるようでできないんです。

自分の結果が悪かった日、他の人はどうなのかブログを

みてまわったり、必要のない情報を追いもとめたり、

自分というものがなくなってしまう。

こういうことってあると思います。

自分自身のトレードが本当にこれでいいのかと

疑心暗鬼になってしまう。

どうしたらいいんだろって?って。

でも、そういうときって外には答えはありません。

結局は自分のなかにしか答えがないものなのです。

ですからそういう時は、最小限に帰るのです。

必要じゃない情報は捨ててください。

優香はそういう時は部屋の掃除をしたりします。

そして自分自身のなかの(内面の)掃除をしたります。

何が必要で何が必要でないのか。

必要じゃないものを捨てることで、

大切なものがわかってきたりするのです。

そしてそういうことをストイックにやっていきましょう。

そしてそういうことを乗り越えたとき、

また新たなトレーダーとしての精神が形成されていくのです。

デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

偉大なるワンパターン

2010-02-28 (Sun) 11:41[ 編集 ]
自分自身がトレードをやっていることを考えたときに、

よーく考えてみると、あまりパターンがないなって

思うときがあります。

いつもいろいろと難しいことを考えてはいる

気がするけれども、

結局はある程度のパターンに落ち着くということ。

そういうことって株だけじゃなくて、

いろいろなことにありますよね。

パレートの法則という有名な法則があって、

これは8対2の法則とも言われます。

内容は2の仕事が8割の結果を生み出し、

残りの8の仕事は2割の結果しか生み出さないということです。

全てがそれにあたるわけではないんですけれど、

経験則としては結構あてはまることがあります。

そしてワンパターンの効用として

自分自身の基準が明確であるということ。

スウィートオントレードならスウィートオントレードを

極めることにより、スウィートオントレード

という基準ができる。

基準ができれば価値観がぶれないし、

ほかの投資法に惑わされるということがない。

これが株では大切なことだと思います。

ひとつの基準をもつからこそ、

適切な判断ができるのですね。

ちょっと今日のお話は抽象的になってて

うまく伝えられたか?なんですけど、

大切だと思ったので書かせいただきました(^ω^)

デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

いい銘柄とは・・・

2010-02-22 (Mon) 00:45[ 編集 ]
いい株というのは定義が難しいのですが、

人によってはPERなどのファンダメンタルズをみると思うのです。

優香が思う、デイトレやスイングに使えるというのは

やはり試練を乗り越えた銘柄は強いと思います。

試練とはなにかといいますと、

上場されたばかりというのは最初は出来高があります。

そこでデイトレができますよね。

ですがそれから時がたつにつれて、出来高が減っていって

弱っていく銘柄というものがたくさんあります。

あんなに昔活躍された銘柄でも

いまは出来高12とかでございます。。。。

という事態が起こります。

そこでその試練を乗り越えて、、

ある程度の出来高、値幅をもつ銘柄が

やはりいい株だと思います。

そういう試練を乗り越えてきた株というのは

持ち直して大きく上げたりする可能性を秘めていたり、

デイトレでもすばらしい値動きをしてくれます。

人間でも苦境を乗り越えた人は強いですよね。

それと同じだとおもいます(^ω^)

良い銘柄の中には

いっぱい下げてすごい安値になる。

この前もずっと下げていた。

でも今日はストップ高。

こういうことが起こりえます。。

もちろんそういう銘柄だって株で

ある以上どうなるかわかりません。

でも試練を乗り越えた銘柄は

復活する可能性も高いのです。

デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

まずはイメージ、イメージできないことは現実化しない

2010-01-23 (Sat) 01:41[ 編集 ]
トレードをしていて、

この状況だから、ああいう動きになるなという

イメージがまず沸きます。

その後から、現実がついていきます。

そういう繰り返しがトレードを上達させます。

まずは自分がイメージができないものは

手を出さないということが大切になります。

そしてイメージできるものでも、

そこで買ったとしても

そこからイメージから外れたら、

損切りをします。

その繰り返しが大切になっていきます。


デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

トレードにおける繊細さ

2010-01-21 (Thu) 00:10[ 編集 ]
最近、友達のおうちに遊びに行ったときに

とても暑い中行きましたら、

友達のお母さんが、

少し凍ったタオルと冷たいお茶をいれてくださいました。

そのタオルを

「優香さん、暑かったでしょう。

こんなものしか用意できませんが・・・」

とお母さんがそのタオルを渡して下ったときに

この方はとても繊細な気配りの持ち主なんだなと

思いました。

これは人間関係なのですが、

トレードにおける繊細さというものがあります。

例えばトレードのエントリーポイントの

追求などがそうです。

もちろん、大雑把に行ってしまう場合もあるのですが、

多くの場合失敗してしまいます。

そしてどうしてもある銘柄に目をつけてしまうと、

買いたい、買いたいという気持ちになってしまいます。

ですから、その時は一旦買わなくてもいいという気持ちを

取り戻すということ。

かわなくてもいいものなんですから、

十分に買う必要性が出たときのみ買うこと。

しっかり値動きをみること。

そこで買えなければ買わなくてもいいこと。

そういうひとつひとつの繊細さが結果を生みます。


デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。