スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

自分の癖がトレードの成績を決める

2010-09-02 (Thu) 01:12[ 編集 ]
前の塾長のチャットセミナーでの

お話でもありましたが、

相場の動き、銘柄の癖というものの他に

自分の癖というものがあります。

これがトレードの成果に大きく絡んできます。

そのために塾長は自分の癖を書き出していき、

それを把握することによってトレードのパフォーマンスを

上げなさいといっているのです。

この視点というのはとても大切だと思いますし、

それをやることによって長期的に

儲けることができる自分自身をつくっていけるのだと思います。

自分の癖がわからない人は癖に翻弄され続け、

自分の癖が分かる人は、その癖を操ることができるのです。

とても大切な事なので意識してトレードを行ってください。


デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

下げなくても損切りをするときがある

2010-07-30 (Fri) 01:27[ 編集 ]


損切りの基本といいますか、

しないとまずいことになることが多いので、

初心者の場合、買いのある程度下に置くということを

されていると思うのですが、

結構それほどさげない、もしくは買った値で

損切りするときがあります。

それは多分、直感というかイメージにずれが生じた時に

そうしているかなと思います。

これは今上がる状態のもみ合いだな・・・

とおもってできるだけ安くINを

するわけですが、

どうも様子がおかしいな・・・・

弱い・・・

とおもった時点で損切りすることがあります。

前チャットセミナーで

三角保ち合いの上昇場面で

そこからはずれた瞬間にすぐに損切りを

するという話を塾長がされたと思いますが、

それは三角保ち合いからの上昇をイメージしていたのに

それからはずれたことによりイメージとのずれが生じて

そこから損切りがうまれるという状態なのだと思います。

ちょっと言葉で説明するのが難しいのですが(^ω^;)

塾長がいっているのはそういうことだと思います。


デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

自分の力、本当に出し切ってますか?

2010-06-30 (Wed) 05:11[ 編集 ]
優香は塾生の方で成長されている方をみていますと

それは、その人なりの最大の努力、力の出し切りをしている方

だと思います。

人によって取れる時間や、環境というものが違います。

優香のように元々能力のないひともいるかもしれません。

塾長や千明さんのように元々能力のある人もいるかもしれません。

いろんな人がいますが、

成長されている人、結果を出している人というのは

その人ができる力を出し切って努力されていたり、

がんばられている人だと思います。

みなさんは自分の力を出し切っていますか?

いろいろするのってめんどくさいですよね。

考えたりするのってめんどくさいですよね。

でもそのめんどくさいや自分の力の限界を

乗り越えたときに新しいステージにいけると思うのです。

みんなが塾長のような華麗なトレードをする必要がないと思うのです。

ですけれど、自分の最大限を出すこと。

それができれば、絶対株が上手になりますよ。


デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

直接法と間接法

2010-05-31 (Mon) 00:24[ 編集 ]
値の動きを見る時の方法では直接法と間接法

というものがあります。

直接法というのは通常の5分足チャートなどの

実際の値の動きを表したもの。

間接法とは移動平均などの加工したデータ

または、信用取引残高のようなもの。

株のできる人の多くはこの直接法にこだわることを

いたします。

それは実際の値の動きをもとに判断するのが

相場技法だというの頭にあるからです。

間接法で多種多様な指標を用いたとしても

それは実用性がないものだということが各種の統計で言われております。

もちろん間接法を限定的に使用するのは有効だと思うのですが、

掲示板で耳にする信用取引残高の話などを聞きますと、

皆踊らされているような感じをうけます。

ですからできるだけ直接法での判断を心がけるのが

基本です。

そして直接法の最たるものが実際の値動きですね。

もっとも加工されていない実際のフレッシュなデータですから。

人間というのは難しく考えようとして

いろいろな指標を組み合わせたり、

複雑にしようとするのですが、

それをすればするほど実際の値動きから遠くなりますし、

イコール実用性から遠くなってしまうのです。


デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

株価指数より、個別銘柄の全体を見渡すの理由

2010-04-21 (Wed) 04:25[ 編集 ]
前に株価指数を見るより、

個別銘柄の全体の動きを見たほうがいいですよ

ってことを書きました。

塾長もこの前のチャットセミナーで

いっていましたね。

あくまで地合いを見るときは、

株価指数を使うんじゃなくて、個別の銘柄の動きを

見渡すことをしましょうね。って。

それでなぜそうなるかといいますと、

日経平均は日経先物の影響を受けるということがあります。

日経先物は一つの銘柄のように売買されます。

そして日経平均はその先物の影響を受けるのです。

そして、日経平均の中でもウェイトの大きなものが動けば

それに引きづられてしまうので、

一部の銘柄に指数が歪められてしまうというところがあります。

そういうこともあって、

とにかく、地合いを見るときは指数ではなくて

個別銘柄の全体を見渡すようにするといいです。

デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。