株とFXのトレードの違い

2017-05-12 (Fri) 15:27[ 編集 ]
このページを見られている方は株のトレードをされている方だと思いますが、FXにも興味がある方も多いです。

そこで今日は株とFXのトレードの違いについてお話したいと思います。

まず、株に市場があります。

それは、東証だったり、マザーズだったりします。

ですが、FXで取引をする時は基本的には相対取引となります。

つまり、透明性のある市場が基本的にないんですね。

FXはFX会社とつながる事により、インターバンク市場の元にした擬似的な価格により取引をするということになります。

よってFXは統一的な価格というものがありません。

つまりFX会社AとFX会社Bでは違った価格で取引が行われるのです。

つまり、ちょっと株より透明性がないですね。

よって、通常は株のトレードのように板がありません。

板をメインで取引したいと思われる方にはちょっとびっくりですね。

ただ、FXにもそれでも透明性のある疑似市場取引があります。

それがECNというものです。これは、各FX会社や、カバーされている銀行の取引をまとめ電子上の市場取引をするというものです。

ただ、これをやっている会社はたぶん日本で2社しかなく、世界では当たり前なことが、日本では当たり前になっていません。

ですから、ちょっと株をやっている人にとってはFXが胡散臭く感じてしまうんですね。

ただ、株で学んだトレードの技術はFXでも活かせると思います。

ちょっとだけ性質が違うので、慣れが必要だし、戦略を変える必要がありますが、やり方によってはFXでも勝てる人もいるでしょう。

自分に合わせてトレード環境を整えていきましょう。

デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabutrade100.blog99.fc2.com/tb.php/525-bcacf90d