今週はFOMC&非農業部門雇用者数!!

2008-01-29 (Tue) 01:07[ 編集 ]
常勝株投資塾スタッフの優香です♪

先週の金曜日には久しぶりに、

寄りが高く、そしてそのあとも上昇した展開となり、

投資家心理が変ってきたことがうかがえたのですが、

今週は予想していた通りの調整がはいりました。

もちろんこれからズルズル下げた場合は

注意が必要ですが、そういう相場でもしっかりとがんばって

いきましょうね(^ω^)


○今日の市況


1月28日の東京株式市場は日経平均株価が大幅反落いたしました。

日経平均株価は始値13,482円と前日終値13,629円から147円安くスタート。

利益確定の売りや、先物売りを仕掛ける動きが見らたことに加えて、

大きく報道されました

シエテ・ジェネラルの元レーダーによる

裁量部分を大きく超えた取引による大きな損失事件などにより

金融システムに対する不安が再び台頭し、

市場センチメントが急速に悪化した形となりました。

主力株を中心に売り物が広がり、反発することなくズルズルと

下げ幅を拡大いたしました。

引けは-541円の13,087円で本日の取引を終了しております。


○今日の相場の戦い方


今日は皆、大きく下げて狼狽している姿がうかがえましたが、

しっかりと新興の人気銘柄に注目できた人には

大きな利益を生み出すことができたと思います。

例えば、

常勝株投資塾のデイトレ銘柄では


アクロディア(前日比+10.42)

CDS(前日比+8.8%ストップ高)


など数多くの銘柄が上昇を演じました。

そして最近仕手の動きを塾では察知しているのですが、

常勝株投資塾情報銘柄の例で言えば、


千年の杜(前日比+35.41%)


などがあります。

そういう相場環境に合わせての銘柄選択での買いと

有利な方向にあわせた売り、

それをしっかりなしとげることにより

誰でも儲かるチャンスがあります。


○今週の材料

28日 (月)

一般教書演説(アメリカ)

29日 (火)

12月労働力調査・失業率(日本)<市場予測3.9%> 

30日 (水)

第4四半期GDP速報値(アメリカ) <市場予測1.2%>

FOMC政策金利発表(アメリカ)<市場予測-50bp>

12月鉱工業生産速報(日本) <市場予測2.0%>

2/1日 (金)

1月雇用統計・非農業部門雇用者数 (アメリカ)<市場予測5.5万人>

1月ISM製造業景況指数(アメリカ)<市場予測47.5>


今週は先週と打って変わって

日米の経済指標、決算発表など、

大きな材料が結構たくさんあります。

特に注目されるのがFOMCと非農業部門雇用者数です。

FOMCでは

仮にに50-75bpの追加利下げが行われたとしても

マーケットに織り込み済みと考えるので、

それよりも逆に据え置き-25bpとなると

失望から新たな悪材料出現と買い戻し一巡が重なって、

マーケットが揺さぶられるのでは?という可能性があります。


○今週の流れ

今日は金曜日と逆ともいえるような全体としての動きをとりましたが、

先週からある程度の調整も予想していましたし、

新興の人気銘柄には買いが強く入っていますので、

調整として働いているならば反発が期待できます。

よって新興の人気銘柄を中心にデイトレを狙っていきます。

ただまだ相場のセンチメントが悪すぎですので、

明日からもズルズル下げていくような展開が見られる場合は

十分に注意する必要があります。

そして今週は大きな材料がたくさんありますので、

その動向に相場が影響される可能性がありますね。

他、補足として今日はみな大幅に下げていますが、

若干今週強いと見られているのが、

鉄鋼・機械関連、

弱いと見られているのが、

卸売業、小売業、サービス関連

です。


それでは今週も結構大変なところもでてくると思いますが、

トレードがんばっていきましょうね♪

デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabutrade100.blog99.fc2.com/tb.php/427-8a7a1d0b