米小売売上高、11月機械受注など今週はイベント盛りだくさん。

2008-01-15 (Tue) 23:04[ 編集 ]
当塾無料メルマガ
<株式最新情報マガジンより一部引用>

○今日の市況

1月15日の東京株式市場は日経平均株価が続落いたしました。

日経平均株価は始値14,134円と前日終値14,110円から24円高くスタート。

昨晩の米株高などもあり


DOWは+171ドルの12778ドル、

NASDAQ総合指数は+38.36ポイントの2478.30ポイント


前場は+114円の14,224円まで上昇するなど買いが優勢でしたが、

15日の米シティグループの決算発表を待って様子見気分が強まるなか、

ドルが107円台のドル安/円高に振れたことをきっかけに

後場から先物主導で売りが強まりました。

引けは-138円の13,972円と14,000円を割り込み

本日の取引を終了しております。

終値で14000円を割ったのは2005年11月以来のことです。


○円高と株の動き


今日は買いから入るのが難しい日でした(^ω^;)

ドル/円が午前の108円前半から一時107.33円まで下落した

ことが大きかったことがあります。

この円高は

米金融機関大手であるシティグループの評価損拡大観測や

リストラ計画が報道されたことで、

FOMC(米連邦公開市場委員会)を待たずに

緊急利下げに踏み切るとの噂が流れたことが原因です。

とにかくドルが弱いのですね。

この前というか、最近金が高いなんて話を聞くと思います。

金が上がったときはドルが下がると考えるのが通常です。

アメリカがいまサブプライムで不安定なのは周知の事実。

それがニュースなどさらに不安になります。

そうすると投資家はドルがやばい!!と思います。

そうすると大概、金かEUROに逃げます。

ですから、金が高いと思ったら円高になる可能性がでてくるのです。

ただ、日本は金利が安いので売られ安い傾向にあります。

これはオーストラリアドルなどの金利の高いものと

日本などの金利が安いものを組み合わせて

金利で儲けるという、

キャリートレードという手法が存在するからです。

ですからこれから目先の下値が限定されることも考えられます。


○今週の動き



今週は

海外では

火曜シティグループ決算、米小売売上高、

水曜にJPモルガンチェース決算

木曜にメリルリンチ決算

日本では

16日11月機械受注

といろいろなイベントがありますので、

それに振り回されそうな一週間になりそうです。


なお市場予想としては

12月小売売上高(アメリカ) 0.1%
11月機械受注(日本)   -4.6%

となっております。


新興は11日、今日と投売り状態になっていて

そういう観点からここから反発が近いという

見方もできます。

その反発具合を見極めてのトレードとなります。


相場全体としては下げているので、

何が強いというのは難しいのですが、

水産農林、医薬品関係が若干強く、

不動産、建築分野が弱い

と見られています。



デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabutrade100.blog99.fc2.com/tb.php/425-b5f43bf9