2009年11月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

損小利大がいいわけ。

2009-11-27 (Fri) 00:06[ 編集 ]
トレードは損小利大がいいといわれます。

この反対が損大利小で

「こつこつ勝って、ドカーンと負ける」

ということです。

これはどういうことかといいますと、

極端な言い方すれば

相場は上がるか下がるかしかない訳ですから、

買いと、売りという選択肢があるとするならば、

適当にポジションを取っても50%の確立で当たる

ということになります。

ですから、例えば

損失と利益を損1、利2の割合で設定すれば

3回に1回の勝ちでいいことになります。

ストップはきっちり設定して利益は出来るだけ伸ばす。

3回トレードして2回の負けは許されてる訳ですから

逆に行ったら躊躇なく損切りすればいいということになります。

塾長の損切りは早く、伸ばし方はすごいというお話を

させていただきましたが、まさにこの理にかなった方法だといえます。

スポンサーサイト

デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

こだわりを持たないことが、株では素晴らしいこと

2009-11-10 (Tue) 00:38[ 編集 ]
職人の世界と言うものがあります。

古典芸能や古来から伝わる手法を守り続けています。

これはとても素晴らしいです。

ですが、株においては逆のことが言えます。

こだわりを持たないことが素晴らしいのです。

その銘柄を買うんだったら上がる株がいい株です。

売るんだったら下がる株がいい株です。

そして、トレードが上手になると、

トレード一つ一つには意味がありません。

特にザラ場中は一つ一つの結果に対して

一喜一憂すべきではないんです。

「あっ利益がでた。終わり。」

「あっ下がった。損切りしよう。終わり」

こういう感じで坦々とやります。

それがトレードでは大切なことです。

デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。