2009年05月のエントリー 

すぐ売る癖をつけましょう。

2009-05-29 (Fri) 00:00[ 編集 ]
今日塾長と話をして、初心者が特にトレードを

うまくできないポイントは

欲がでてしっかりトレードを執行できないという

ことだという話をされていました。

というのは注目銘柄サイトを使われてスウィートオントレード

をすると30万ぐらいの銘柄1つでも何分かの間でプラス1万

とかつくと思います。

そこでまだあがるんじゃないか、まだあがるんじゃないかと

と欲がでてしまうんですね。

そしてそのあとのドーンと落ちてしまう(´;ω;`)

それではスウィートオントレードになっていませんよね?

スウィートオントレードマニュアルの最初に人間の欲の話が

書いてありますが、まさのそのことがこれなのだと思います。

スウィートオントレードは30~40万の銘柄で

4千円~5千円ぐらいの利益を狙うものです。

そうなると、そこでしっかりと利確することが大切になってくる

のです。ですからまだよくマスターできてない人は

自分自身の欲の力を抑えるためにすぐに売る癖をつけるべきだと

塾長は申しておりました。

そして、それができてから、

1銘柄あたりの上昇をあげていくことが可能なのだそうです。

優香のスウィートオントレードの習熟の経過をみていると

まさにそうだなと思いました(^ω^)

デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

チャートは詳しくではなくまずトレンドでみる

2009-05-22 (Fri) 01:32[ 編集 ]
5分足チャートの見方とかいろいろな方法がありまして、

酒田五法は日足チャートのそれなのですが、

まず初心者的には大きくトレンドでみたほうがいいと思います。

曖昧だな?と思われるかと思いますが、

そのほうがうまくいくと思います。

というのは同じ陽線、陰線というものも

実はまったく違う製造過程をとっていれば

違うものでして形は同じだけど実際は違うということが多々あります。

ですから詳しいところは歩み値でみていただいて、

大きなトレンドをチャートでみてみる。

そのほうがチャートに思い込みを持ってしまいがちな

初心者にとって確実性が高いものです。

この前、塾長が当塾のチャットセミナーで6ヶ月チャートを見るとき

「どこから来てどう向かっているか見る」

といった話をしていたという話をしたと思います。

つまり大雑把にチャートを見て

高値、安値をみてチャートの向かう方向性

をみて、自分でそこに理由付けをしてみる。

それを

前日銘柄選択なら

6ヶ月、3ヶ月、1ヶ月

とやっていってみる。

当日なら

5分足チャート

でやってみる。

まず最初はそれでいいと思います(^ω^)

デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

根っこのあることをしましょう。

2009-05-15 (Fri) 23:27[ 編集 ]
情報とかいろいろあるんですが、

自分自身で把握できないことは手を出すべきではないと思います。

世の中にはいろいろな情報が氾濫していて、それに頼ってしまうと

コントロールがきかないですし、それに惑わされるということがあると思います。

それよりも自分自身の今のトレード法(当塾であればスウィートオントレード)、

しっかりと根のあるトレードを行うといいと思います。

一時的になにかの情報によって利益をえることができるかもしれません。

それはその情報によってなのかもしれないし、

そうでないのかもしれません。

ですが長期的にコントロールするということはできません。

それよりも、今できることをしっかりとやり続けることによって

長期的に稼げる手法というものを手に入れる集中するべきだと思います。

なにかに迷いを感じたときは自分自身の根っこは

どこにあるのかなということを考えてみてください。

その根っこだけが唯一あなたの力を証明するものなのですから


デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

反対のシナリオを考える

2009-05-05 (Tue) 17:12[ 編集 ]
相場の動きに対応するということで大切なのは

反対のシナリオを考えるということです。

私達は、上がると思って買い、

下がると思って空売りをします。

ですがその時というのは多くの人は

買いなら上がるしか考えていません。

もちろん、その上がるときに買う精度を高めることも

大切なのですが、

同時に反対のシナリオつまり

買って、下がる。

売って、上がる。

ということも想定すべきだということです。

買って、ハイパーSBIの横に

赤いプラスが着いた時、

ワクワクしてみますよね。

優香もワクワクします。

ですが、その時にやりがちなのが、

もう上がるって思い込んじゃうこと。

そうすると、下がっても上がるという思い込みで

なにもできなくなってしまうんです。

そうではなくて、上がると期待しながらも文字色

常に逆のシナリオをかんがえる。

いくらで損切りをするのか。

その損切りラインの根拠はどうするのか。

そういう視点を常に持つことです。

そういうところが初心者ができない技術力で差をつける


デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

時代の変化とデイトレーダーの世界。

2009-05-01 (Fri) 23:10[ 編集 ]
この前、池袋の三越デパートにいってきたんです。

そしたら、51年間営業していた池袋三越が弊店することになっていました。

そしてそのビルを買収したというのがヤマダ電機なんです。

それを見た時、明らかに時代は変わったなと思いました。

そしてこれからの時代は間違いなくそうなっていくといんだなと思いました。

三越といえば三井財閥を築いた企業。

エリート起業です。

そしてヤマダ電機は群馬県の叩きあげの企業です。

片や営業スタイルはビシッとしたスーツ。

片や営業スタイルは蛍光色のジャンパー。

もうこれからは学歴も年齢もブランドもまったく関係ない

実力のみのサバイバルの時代がやってきます。

それを肌で感じた一件でございました。

デイトレードもその時代を生き抜くひとつの方法であると、

常勝株投資塾では考えます。

トレードはしっかりやればちゃんと自分に帰ってくる

そういう公正な戦いの場なのです。

もちろんその戦いはゼロサムゲームであることはみな知っています。

でもそのなかでも励ましあいながら成長できたら・・・

そういう場の提供を塾では考えております。

みなさん、これからもトレードをがんばっていきましょうね。

デイトレ、スイング情報なら
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ